自動車・交通情報関係ニュース:(no..2488.2479.2435.1811.299.281): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

ありえるぷらねっとへようこそ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
国土交通省が、首都圏の高速道路で自動料金収受システム(ETC)を搭載せずに通行する自動車について、2016年度にも通行料金を値上げする方向で検討を進めていることが1日、分かった。ETC非搭載車はETC搭載車と比べ、料金徴収コストが5倍に上り、受益者負担の観点から見直す。
ETCのさらなる定着とともに、詳細な渋滞情報を提供できる新システム「ETC2.0」普及も促す狙いだ。

 料金を現金で支払うETC非搭載車は既に、各地の高速道路でETC搭載車と比べて割高な料金が設定されている。首都高速道路の場合、ETC車であれば距離に応じて510~930円(普通車、基本料金)だが、非ETC車だと初乗りで上限額の930円となる。

 高速道路を利用する車の9割がETCを既に搭載しているが、残り1割の非ETC車に対応するため、入り口や出口での人件費や現金を扱う機器などの維持管理費がかさんでいる。

 このため国交省は非ETC車に一層の負担を求める方針。今夏をめどに、料金の引き上げ幅や対象となる区間などの具体案を詰め、来春からの実施を目指す。また、国内の保有台数ベースでのETC搭載率は5~6割程度にとどまっており、将来的にはETC搭載の義務付けも慎重に検討する考えだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150501-00000008-fsi-bus_all

▼賢いルート選択が可能となるETC2.0
「ETC2.0」では、道路側のアンテナであるITSスポットとの高速・大容量、双方向通信で、世界初の路車協調システムによる運転支援サービスを受けることができます。また、交通が特定の時間や場所に集中するのを減らしたり、事故を未然に防いだり、道路の劣化を緩和することが可能となります。その結果、限られた道路ネットワークでも、より効率的に、長期的に使える「賢い使い方」ができるようになります。
http://www.mlit.go.jp/road/ITS/j-html/etc2/jyouhou.html



日本道路交通情報センター:http://www.jartic.or.jp/





このエントリーをはてなブックマークに追加
道路交通情報センターによると、2日の各高速道路の渋滞は、午前中が下り線のピークで、中央道は神奈川・相模原市の藤野パーキングエリア付近(中央道藤野パーキング付近)で、午前6時に45km、
関越道は埼玉・深谷市の花園インターチェンジ付近で、午前8時に45kmなどと予想されている。

また、新幹線は、東海道新幹線が午前中の東京発の下りがほぼ満席のほか、
開業以来初めての大型連休を迎えた北陸新幹線や、東北・上越・秋田・山形の各新幹線も、2日は1日を通して、下りはほぼ満席となっている
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150501-00000558-fnn-soci

▼関東の渋滞情報へ(アイハイウェイ)
http://c-ihighway.jp/web/map_kanto.html

45km(・・;
このエントリーをはてなブックマークに追加
ebinaj.jpg


海老名ジャンクション辺りの渋滞情報
http://ihighway.jp/web/map/map04.html



2015年3月8日(日)に圏央道の海老名JCT~寒川北間が開通し、圏央道が藤沢までつながりました。さらに2020年度中には横浜横須賀道路の釜利谷JCTまで完成する予定で、そうなれば東名・新東名の交通が容量に余裕のある首都高湾岸線南端へ直結され、首都圏の高速道路ネットワークは一気に充実することになります。

 ですが、喜んでばかりはいられません。その圏央道と東名とが接続する海老名JCTがとんでもない欠陥設計で、すでに恒常的に渋滞が発生しているからです。

 圏央道の海老名JCT以南は現状、藤沢が終点なので交通量はわずか。多くのクルマは東名の上下線と圏央道の北側とを行き来していますが、そこで連日、ひどい渋滞が起きています。パターンは以下の2つです。

(A)午前中/圏央道内回り(南行き)から東名方向への渋滞
(B)午後/東名上りから圏央道外回り(北行き)方向への渋滞

 その原因は、海老名JCT内の連絡路が一部1車線しかないこと、そして(B)側の合流部があまりにも短く、強い減速波が発生することにあります。

 まず「(A)午前中/圏央道内回りから東名方向への渋滞」について解説しましょう。圏央道内回りを走行してくるクルマは現状、約8割が東名の上下線へと向かいます。つまり大部分のクルマがJCTの連絡路へ入るわけですが、この連絡路が1車線しかないため、追越車線を走行してきたクルマが左へ一斉に割り込み、流れが滞っています。

 仮に連絡路が東名上り・下り方面へそれぞれ1車線づつ、計2車線確保されていれば流れははるかにスムーズで、混雑は大幅に緩和されていたでしょう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150315-00010000-norimono-l14



文章読んだだけで詰まるのが分かる。

▼ネットの声













このエントリーをはてなブックマークに追加
最新の交通情報はこちら↓
http://ihighway.jp/web/map/map06.html














このエントリーをはてなブックマークに追加




このエントリーをはてなブックマークに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。