【いよいよ奴隷解放?36協定】罰則付き時間外労働導入へ?【労働の闇】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


時間外労働の上限は、月45時間、年間360時間とする。
ただし、一時的な業務量の増加がやむを得ない特定の場合の上限については
(1)年間の時間外労働は月平均60時間(年720時間)以内とする
(2)休日労働を含んで、2か月ないし6か月平均は80時間以内とする
(3)休日労働を含んで、単月は100時間未満とする
(4)月45時間を超える時間外労働は、年半分を超えないこととする
⇒例外にも歯止めがかかります!
以上を労働基準法に明記する。これらの上限規制は、罰則付きで実効性を担保する。
http://www.msoffice.jp/jyougenkisei.html









関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。