キリンCMソングの茶色の小瓶アレンジが微妙:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

インプリンティング、茶色の小瓶、CM



茶色の小瓶(ちゃいろのこびん 英語: Little Brown Jug)とはアメリカ合衆国・フィラデルフィア出身の音楽家、ジョセフ・ウィナー(Joseph Winner、1837年 - 1918年)が自身のミドルネームであるイーストバーン (Eastburn) の名で1869年に発表した楽曲である。
当初は酒席の歌として歌われたもので、20世紀初頭には民謡とされた。禁酒法の時代には酒の登場する他の楽曲同様、新たな人気を獲得した。1939年、グレン・ミラーがスウィング・ジャズのアレンジを加えインストゥルメンタルとして演奏したものが大成功をおさめた。アメリカのビッグバンド時代にも人気を博し、以降ジャズのスタンダード・ナンバーとして知られるようになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B6%E8%89%B2%E3%81%AE%E5%B0%8F%E7%93%B6










関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する