【スーツが1000円】良心的な服屋・・・【意味怖】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/101234567891011121314151617181920212223242526272829302019/12

いや、ゴメン冷やかしだから、気にしないで。

隣のお店のぞいたついで。

へぇ、お隣は弟さんがやってるんだ。

石けんと毛布のお店、って変わった品揃えでビックリしたけど、

おたくの古着もビックリの御値段だね。

それにしても、儲かってるの?

こんな山の中に店を出して。格安だから客が来るって?

でこの品数を安く仕入れるのは、大変なんじゃない?

商売ってのはさ、持ちつ持たれるだから、良心的すぎるのもどうかと思うよ。

ああ、これ?似合うかな?

そう、じゃあ、試着室で着てみていいかい?

いや、マジでこのスーツが1000円なんて店長、良心的すぎるって。
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




>>>>>>>
>>>>>>
>>>>>
>>>>
>>>
>>
>

【解説】

試着室が二重扉になっていて、身ぐるみ剥がされるというよくある話。

実際に人の死体の脂肪や髪の毛から石鹸が作れるとか。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する