【日本だよ全員労働!】男女ともに労働社会へ、男女の格差が過去最小:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

厚生労働省は22日、2016年の賃金構造基本統計調査の結果を公表した。民間の男女間賃金格差は過去最小で、同省賃金福祉統計室は「役職者の増加と国の保育士・介護職員に対する処遇改善策が女性賃金の上昇につながった」と分析する。正規・非正規間の格差も過去最小だった。

 昨年6月の賃金額(残業代を除く)について従業員10人以上の民間事業所4万9783社から回答を得た。短時間労働者以外の一般労働者(非正規含む)の平均賃金は前年と同額の30万4000円。うち女性は24万4600円(前年比1.1%増)で過去最高。男性を100とした賃金格差は過去最小の73.0(14年と15年は72.2)だった。

 また、正社員は32万1700円(同0.2%増)、非正規は21万1800円(同3.3%増)、短時間労働者も時給1075円(同1.5%増)で、すべて過去最高だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000107-mai-soci







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する