宮崎県で巨大なレンズ雲を観測。たちばな天文台 地震雲?:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

宮崎県・地震雲・レンズ雲


●地震雲(じしんぐも、じしんうん)とは、地震の前後に観測されると言われる雲の形、また その現象を言う。専門的な地球科学や気象学からは地震の発生と地震雲とよばれる雲 の発現との因果関係は不明(まず存在しない)とされている。



楕円(だえん)形をした巨大な「レンズ雲」が18日午後1時ごろに県内で観測され、たちばな天文台(都城市高崎町)の蓑部樹生台長(70)が撮影した。天文台から望む空全体の5分の1を覆うほどの大きさだったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00009366-miyazaki-l45





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する