【FX・為替】114.514円→114円を割る 5週間ぶり。【トランプ乱高下】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

 12日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、トランプ次期米大統領の記者会見に対する失望感が広がり、1ドル=114円台前半に大幅下落した。午後5時現在は1ドル=114円27~36銭と前日(午後5時、116円06~06銭)比1円79銭のドル安・円高。
 早朝の東京市場は、前日の米国市場でドル円が下落した流れを引き継ぎ、115円40銭台から115円近辺へ弱含んで始まった。午前中は、米金利の低下などを眺めて売られ、114円台後半に下落。終盤にかけては、下げ幅を拡大する米金利を受けて、114円20銭台まで値を下げ、同水準で小動きとなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000023-jijc-brf





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する