【競馬&サイン薬】1着サウンドトゥルー!連勝ストップも2着アウォーディー。アスカノロマンはギフハフの力で3着に?:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

4日、中京競馬場で行われたGI第17回チャンピオンズC(ダート1800メートル)は6番人気のサウンドトゥルーが最後方追走から鮮やかな差し切り勝ち。勝ち時計は1分50秒1。2着は1番人気のアウォーディー。3着は10番人気のアスカノロマン。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00000010-tospoweb-horse







「ギフハフっていう組織があるんですけど、そこが今、AR(拡張現実)で、僕のいるところを映したりして。ぼくのケータイにもそのアプリが埋め込まれていたんですよ!」

 この組織が盗聴、盗撮しているとの主張だが、通話する宮根誠司アナ(53)は困惑するばかり。 一方、ネット上では「ASKAは組織の真実に近づきすぎたんだよ」「それ以上追及するな、危ないぞ」と悪ふざけする書き込みで大盛り上がりとなった。アップストアには似た名前の「GifHub」なる画像シェアアプリがあり「これを指しているのでは?」などとも取りざたされたが、もちろん関係はない。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏(51)は「薬物中毒者の典型的な症状ですね。昔から『後をつけられている』『衛星から監視されている』など“監視されている”系はあるんです。テクノロジーの発達に伴って『スマホに盗聴用ウイルスが仕込まれている』と時代に即したものになったのでしょう。完全に妄想ですね」とバッサリ。
http://news.livedoor.com/article/detail/12353052/
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する