おうし座南流星群極大、11/6午後9時以降がイイゾ~:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

11月6日夜、おうし座流星群(おうし座南流星群)が極大を迎える。午後5時現在の空は北海道や北陸などの一部を除き雲が少なく、観察に期待が持てる。気になる方角や観察に適した時刻、場所を確認しよう。

おうし座流星群は、10・11月を中心に、9月から12月くらいまで活動する流星群のこと。放射点が南と北に分かれているため、それぞれ「おうし座南流星群」「おうし座北流星群」と呼ばれている。このうち、11月6日に極大となるのは「おうし座南流星群」。「おうし座北流星群」は11月13日夜に極大を迎える。国立天文台によると、火球と呼ばれる明るい流星が多く、偶然目にすることも多い流星群だ。

 流星は一晩中流れるため、日が暮れてからなら時間はいつでも構わない。ただし、国立天文台は放射点が高くなる午後9時以降が観察に好条件としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000000-resemom-life

10月上旬から11月終わりにかけて,約2ヶ月間おうし座付近から流星が飛びます。おうし座流星群自体は,北群と南群で構成され,南群が5日頃,北群は12日頃に極大を迎えます。流星自体はゆっくりしたものが多く,火球が多く見られます。
 電波観測では,南群については5日頃をピークに高原状のピークが観測されますが,本当になだらかな高原状のため,年によっては検出が困難な場合もありますが,例年それらしい活動は捕らえられます.北群については,あまり目立った活動が検出された例はありません。
http://www.amro-net.jp/meteor-info/11_taurids_j.htm

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する