ロシアが攻撃?WADA流出。松本薫の情報も流出か。ドーピング、デキサメタゾン。:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

和田ではない。オリンピック、スポーツ。 2016/9/24

デキサメタゾンとは?

デキサメタゾン(英: Dexamethasone、商品名:デカドロン)は、ステロイド系抗炎症薬 (SAID) の一つである。炎症の原因に関係なく炎症反応・免疫反応を強力に抑制する。急性炎症、慢性炎症、自己免疫疾患、アレルギー性疾患などの際に使用される。デキサメタゾンは1957年に発見された。WHO必須医薬品モデル・リストに収載されている。



世界反ドーピング機関(WADA)のシステムがロシア系とみられるハッカー集団に侵入され、選手のデータが盗み出された事件で、新たに13か国、41選手の情報が23日、ネット上に流出した。
 リオデジャネイロ五輪柔道女子57キロ級銅メダルの松本薫選手(29)(ベネシード)のものとみられる情報も含まれている。日本選手の情報が出るのは初めて。
 松本選手に関する情報は、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の医事データ(治療薬の例外使用)。松本選手は2007年10月から約1か月間、抗炎症作用のある禁止薬物「デキサメタゾン」の使用が認められていた。
http://news.biglobe.ne.jp/sports/0924/ym_160924_4162249730.html


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する