ハニアブアサドはパレスチナ人。紛争の続くガザ地区で希望を与えた映画監督・・・最新作は「歌声にのった少年」(ガザ出身のアイドル):ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

  • 関連単語タグ映画 宣伝 最新作
  • 「紛争の続くガザに希望をあたえた奇跡の歌声!」
    1961年生まれ イスラエルのパスポートを持つパレスチナ人。
    92年に初の短編映画を手がけ、映画祭でいくつかの国際的な賞を受賞。
    98年本格的に監督デビュー。02年カンヌ国際映画祭・批評家週間に正式招待。
    05年に公開の映画でパレスチナ映画としては初めて、アカデミー賞外国語映画賞にノミネート。

    06年の米ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語賞に輝いた。
    http://tv.yahoo.co.jp/program/20717472/



    相乗効果だ!ジャニーズV6三宅健が手話出来て上手いから話題【パラリンピック】
    【悲報画像】ツムツム水着がキモい件【怖い、ゾワゾワ】
    【本通商店街】おめでとう!広島野球優勝で早速ハイタッチ会が開催されるww【みんな友達】
    【謎の過酷さ】奴隷ボランティアはステータスに?東京五輪(オリンピック)ボランティアになりたければ語学を勉強しろ!?
    貧困?檻のない「牢獄」と化した実家【社会の闇】
    【日本】都会の片隅、見えないホームレス・・・貧困女性、孤立

    「歌声にのった少年」より、監督と脚本を担当したハニ・アブ・アサドらのインタビューを収めた特別映像がYouTubeにて公開された。

    本作は、パレスチナ出身の歌手ムハンマド・アッサーフの実話をもとにした人間ドラマ。紛争の絶えないパレスチナ・ガザ地区に暮らす少年ムハンマドが、幼い頃に亡くした姉との約束を果たすためスター歌手を目指す姿を映し出す。

    映像では、アブ・アサドが「歌声にのった少年」製作のきっかけやパレスチナでの過酷な撮影の様子、監督としての苦労などを語っていく。第86回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた「オマールの壁」と同様に、今作もパレスチナで撮影を行ったアブ・アサド。撮影時を振り返り「とても大変だった。私は撮影が終わるたび、いつも監督を辞めようかと思うよ。(現地の)人々のプロ意識は低く、映画製作への理解も低い。映画は娯楽だから、私たちが遊びでやってると思っているんだ」と語る。

    一方、「この作品はガザ(地区)の子供たちで撮りたかった」と話すアブ・アサド。続けて、「彼らと会った瞬間、私が知る世界中のどんな子供とも違うと感じた。それは彼らがずっと大きな壁に囲まれて死を身近に感じる暮らしをしているからだろう。彼らは大人と対等に話せるし、とても賢く、勇敢だ。彼らはほかの子供よりずっと大人だよ」と賞賛した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160916-00000051-nataliee-movi







    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサーリンク


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する