【青森初】青森の星、伊調馨(いちょうかおり)国民栄誉賞をゲットン!記念品には着物?【政治と金とスポーツ】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

伊調馨選手の国民栄誉賞受賞が決まった13日、地元・青森県八戸市では家族や恩師が記者会見。父の春行さん(65)は「言葉が見つからない」と感無量の様子で話し、姉の千春さん(34)は「馨を支えてくれた皆でもらった賞」と周囲への感謝を繰り返した。伊調選手を幼少期から10年以上指導した県レスリング協会の沢内和興会長(69)は「本人の精進、努力が90%。おめでとうと言いたい」とたたえた。

 2年前に母トシさんが他界。千春さんによると、伊調選手はリオ出発の2日前、「墓参のため帰りたい」と連絡してきたが、「何かあってはいけない」と家族で止めたという。

 伊調選手は24日に八戸市で開かれる祝賀パレードのため、近く帰省する。「帰ってきたらまずはお墓参りに行こうと思う」と千春さん。春行さんも「魚が食べたい」と故郷の味を恋しがっている末娘のため、自慢の手料理で「何でも食べたいものを食べさせてあげたい」と笑顔で語った。
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0913/mai_160913_8205745129.html










関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する