【CM効果】こち亀効果で神田明神の資料館、入場者20倍になるw:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

連載終了が発表された週刊少年ジャンプ(集英社)の長寿漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の絵巻が奉納された神田明神(東京都千代田区)の資料館に、普段の20倍の来館者が訪れていることが10日、分かった。

 通常土日のみ開館だが、絵巻が奉納された3日以降は平日も開館。神社によると「普段の来館者は1日10人程度だが、今週は毎日100人以上。土日は200人を超える勢い」という。

 絵巻は正式名称「“こちら葛飾区亀有公園前派出所”連載四十周年 江戸総鎮守神田明神遷座四百周年記念奉納絵巻」。全長約8メートルの和紙に、A3判の17枚の絵が連なっている。戦後から現代の東京を舞台に、原作者・秋本治氏が描いた「こち亀」キャラが躍動。ベーゴマやゲームボーイなど子どもの遊びのほか、ポケベルや携帯、神社の地元・秋葉原の移り変わりなども描かれた。

 神社は3日の奉納式で「この時代の生活風俗がわかるもの」と感謝の言葉を述べていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000096-spnannex-ent



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する