【茹ですぎ?w】台風10号、渇水高知・早明浦ダム満杯やれんのか?:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

香川県は気温が高く、降水量の少ない日が続いている。高松地方気象台によると、当面この状況は変わらない見通しで、農作物や水、健康管理などに注意を呼びかけている。また、香川県内に水を供給している早明浦ダム(高知県)の貯水率も低下を続ける。現在、第2次取水制限中だが、今後まとまった降雨がなければ、供給量は更に削減される見通しだ。【深尾昭寛、伊藤遥】

 高松地方気象台によると、7月中旬以降、県内は高気圧に覆われて晴れた日が多く、8月上旬からは高温状態も続いている。7月11日~8月18日の降水量をみると、最も少なかった小豆島町・内海が18ミリ(平年比12%)、最も多かった三豊市・財田でも56ミリ(35%)にとどまる。また、8月に入り22日までに最高気温が35度以上の猛暑日は計16日。高温注意情報も26日連続で発令している。

 気象台によると、28日ごろまで県内でまとまった雨の降る可能性は低く、気温の高い状態は続く見込み。担当者は「今年は偏西風の蛇行などによって強まった高気圧に西日本全体が覆われている」としている。

 早明浦ダムでは7月中旬に貯水率が100%を割り込み、22日午前0時現在、44.1%(平年値79.5%)まで低下。周辺の降水量をみると、6月は425ミリ(平年比127%)だったが、7月は132ミリ(35%)にとどまる。8月も22日午前0時現在までで66ミリと少ない状況が続く。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000026-mai-soci







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する