【宮崎】日南学園、「バントの構え」徹底。。東京、八王子消える。:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

 四回までお互いに無得点。硬直した試合の流れを打破したのは、日南学園の「決まり事」だった。

 五回無死一塁、打席の石嶋はバットを寝かせる。だが、その構えからバットを立てて打ちにいった。右前安打で、一、三塁に好機を広げる。続く石田の併殺打の間に先取点を奪った。

 六回も同じ状況から、2番の芳賀はバスター。左前にはじき返し、一、二塁。1死後、益田に2点二塁打が出た。芳賀は言う。「無死一塁でバントの構えをするのはチームの徹底事項。三塁手が前進してきて、安打ゾーンが広がる」。高校野球のセオリーとされる作戦を、逆手に取った。
http://www.asahi.com/articles/ASJ8C3VGGJ8CUTQP027.html

日南学園中学校・高等学校(にちなんがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、宮崎県日南市にある私立中学校・高等学校。日南看護専門学校、宮崎穎学館とともに学校 法人日南学園が運営する。野球や卓球などの部活動が有名。略称は「日学(にちがく)」 。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する