【うな偽】ウナギが絶滅するっぽいからウナギ味のナマズを食べるしかないのだ!限定販売へ【ステマ込丑の日】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

近畿大学は13日、研究分野で協力している牧原養鰻(ようまん、鹿児島県東串良町)と共同で、ウナギの味がするナマズの事業化に乗り出すと発表した。牧原養鰻が中心となって養殖の新会社を設立。近大農学部で養殖を研究する有路昌彦准教授らがノウハウを提供し、量産化を目指す。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HUZ_T11C15A1TI5000/

絶滅の可能性が指摘され、価格の高騰から手が届きにくくなってきたウナギのかば焼き。その食感、味に近い「ウナギ味のナマズ」を近畿大学農学部の有路昌彦准教授(40)が開発し、「将来的に丼物を千円以下で提供したい」と話す。養殖業者の父を持ち、少年時代から日本の養殖産業の発展を人生の目標に据えてきた。ウナギ味のナマズで日本人のかば焼きへの需要を満たすだけでなく、世界の水産市場に攻勢をかけるという熱いビジョンについて聞いた。
http://www.sankei.com/west/news/150808/wst1508080010-n1.html

マグロの養殖で知られる近畿大学が開発した“ウナギ味のナマズ”の試食会が東京都の銀座で行われた。7年かけてナマズの泥臭さをなくし、年々、脂のノリをウナギに近づけてきたという。疲労回復に役立つビタミンB群を多く含む“ウナギ味のナマズ”は、30日(土用の丑の日)に税込価格2200円、100食限定で販売
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20160719-00000060-ann-soci

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する