トルコ国会に爆弾、トルコリラ終焉へ?:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

トルコのアナトリア通信は、首都アンカラの国会に爆弾が投下されたと報じた。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160716-00000035-jij-m_est




トルコで軍の一部がクーデターを画策したことを受け、投資家のリスク回避の動きが強まった。外国為替市場ではトルコの通貨トルコリラが急落。地政学リスクの高まりが嫌気され一時1ドル=3.04リラ前後と、今年1月以来のドル高・トルコリラ安水準となった。前日終値から5%を超える下落率を記録した。

 15日夕方の米国市場では相対的に安全とされる円への買いが活発化。円は対ドルで1ドル=104円台に上昇して終えた。有事の際に買われやすいとされる金(中心限月)は時間外取引で一時1トロイオンス1339ドル台まで上昇。15日の通常取引の終値から約12ドル上昇した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN16H1I_W6A710C1000000/
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する