不公平な遺伝子。ショートスリーパー。3時間睡眠でも平気?:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

ある調査結果によると、実際に短い睡眠時間でも元気に活躍できる「ショートスリーパー」(厳密には6時間以下の睡眠時間でも日中に問題なく生活できる人)は、世界に5~10%は存在するといわれているのだとか。

しかし、これが3時間睡眠という極端な短眠となると、割合はがくっと減るのだそうです。

そもそも人間に必要な睡眠時間は、(中心値に多少の違いはありますが)7~8時間を中心に分布しているもの。ただし3時間睡眠でも平気な人は、このなかのごくわずかなのだといいます。

正確な割合まで示したデータはないものの、著者は0.0000…%というような値だろうと推測しています。

そして、3時間睡眠でも平気な人は、短眠を可能にする遺伝子を持っている可能性が高いと考えられているのだそうです。つまり、多少なりともそういう人は存在するということなのでしょう。

ただし、それ以外の90%以上の大多数は、7時間以上の睡眠は必要。

ショートスリーパーの真似をして3時間睡眠にしようと努力しても、結果的にはさまざまな病気を患うリスクのある不健康な生活になり、自分を痛めつけるだけだということです。
http://news.livedoor.com/article/detail/11659478/

ショートスリーパー(short sleeper)とは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者(たんみんしゃ)ともいう。
一日の平均睡眠時間は7-8時間程度が健康的とされるが、6時間未満でも生活できる人間がいる。ナポレオン、エジソンは4時間しか眠らなかったという説があるが、真偽のほどは不明である。
逆に、長時間の睡眠を要する人間のことを、ロングスリーパーという。
wikipedia



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する