【記念大会】第100回インディ500の賞金が凄い!総額14億円。アレキサンダー・ロッシが優勝。レディガガ登場も:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

  • 関連単語タグレディガガ
  • インディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催された伝統の一戦「第100回インディ500」の表彰式が行われた。世界三大モータースポーツの一つだけに注目度も高く、今年の賞金総額は約14億7,000万円($13,273,253)と桁違いだ。

    既報のとおり、第100回大会という記念すべき今年の優勝者は、24歳のアメリカ人ルーキー、アレキサンダー・ロッシ(アンドレッティ・ハータ・オートスポート/ホンダ)。そのロッシが日曜日のレースで優勝して獲得した金額は、なんと約2億8,200万円($2,548,743)。この金額にはルーキー・オブ・ザ・イヤーの約550万円($50,000)も含まれている。

    ■アメリカ人ルーキー優勝者は88年ぶり

    ロッシは、2001年のエリオ・カストロネベス(累計3勝)以来となるルーキー優勝者となった。また、アメリカ人ルーキーとしては、1928年のルイ・メイヤー以来となる88年ぶりの快挙だ。

    惜しくも2位となったロッシのチームメート、カルロス・ムニョス(アンドレッティ・オートスポート)は約8,700万円($788,743)を獲得したものの、優勝者との金額の差は大きい。

    3位のジョセフ・ニューガーデン(エド・カーペンター・レーシング)は、約6,300万円($574,243)だった。

    佐藤琢磨は、「前半はグリップ感がなく調整に時間がかかってしまった」というものの、途中トップ10圏内まで順調に上がって期待されていたところで壁にヒットしてしまった。そのままリタイアとなったが、約3,700万円($338,243)を獲得。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160601-00000006-fliv-moto





    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサーリンク


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する