幻想的、闇夜に光るシイノトモシビタケが凄い:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

鹿児島県奄美大島の山中で、光るキノコ「シイノトモシビタケ」が姿を見せた。梅雨入りの近い亜熱帯林の闇夜で、淡い緑の幻想的な光を放っている。
「森の妖精」とも呼ばれる高さ2~3センチの小さなキノコ。昼は茶褐色だが、夜は発光物質の働きで光る。八丈島(東京)や紀伊半島でも発見されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000006-asahi-soci





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する