【視点】藤原紀香は主役。藤原紀香の着物「梨園の妻としては落第点」:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と女優の藤原紀香(44)が3月31日、都内で結婚会見を行った。2人は紋付きはかまと着物姿で登壇。紀香が着たのは藤色の友禅の訪問着で、これはオーダーメードで用意したものだった。
紀香は2012年から年4回発行の季刊誌「美しいキモノ」(ハースト婦人画報社)で着物についての連載を掲載するなど、元々着物が好き。同誌の担当編集者の吉川明子さんは「紀香さんは、以前から“藤原”の“藤”ということでこの色がお好きで、ご自身の着物のワードローブにも多い色でした」と話す。晴れ舞台にお気に入りの色で臨んでいたことを明かした。

ファッション評論家の石原裕子さんは「梨園の妻としては落第点」と指摘。「着物で花と言えば、桜やツバキなど和風の物が多い中で、洋風のユリを着てきた時点でおかしい」とし、「胸部が白いことで胸のボリュームが強調されて派手。藤原紀香が主役ですという装いになってしまった」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160401-00000100-spnannex-ent





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/04/02(土) 12:19 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/04/02(土) 12:19 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する