【荒れた相撲】白鵬、なんでもする!?井筒審判長(54=元関脇逆鉾)が左大腿骨頚部(左太もも付け根付近)骨折で:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

<大相撲春場所>◇9日目◇21日◇エディオンアリーナ大阪

 横綱白鵬(31=宮城野)が打ち出し後に、審判部に呼び出され、8日目の嘉風戦でのだめ押しについて、伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)から注意を受けた。

前日の取組では、嘉風を寄り切った後で、土俵下へと投げつけ、ぶつかった井筒審判長(54=元関脇逆鉾)が左大腿骨頚部(左太もも付け根付近)骨折で全治3カ月と診断され、この日から休場する事態となっていた。白鵬は「軽いケガということではなくてね。大きなケガをしたんですから。部長にいろんなことを言われましたけど、申し訳ない。何でもしたいという気持ちです」と謝罪した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160321-00000127-nksports-fight






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する