センター試験2016、数ⅠAの問題がまさかの地理化? 地理のようだったとSNS(ツイッター等)で話題。:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

  • 関連単語タグSNS
  • 12時30分時点で掲載されている全体概観速報は「数学I・数学A」。大問数構成は、第1問で「2次関数」と「数と式」、第2問で「図形と計量」「データの分析」が出題された。第3問から第5問は2問選択問題。出題分野に変化はないが、大問数は減少がみられる。より詳細な全体概観は、15時頃に公開予定。

    SNSでは、数IA(数1A)の受験生が「難化した」と多く投稿しているほか、
    「数学で地理を出すのはやめてください」「地理のようだった」「数IAは地理でした」(いずれも数学I・数学A受験者)という声があがっている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160117-00000006-resemom-life











    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサーリンク


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する