FOMC、ドル円一瞬乱高下、12月利上げが濃厚に?:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

  • 関連単語タグFOMC
  • 米連邦準備理事会(FRB)は18日、10月27~28日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。金融市場の焦点になっている12月FOMC(15~16日)での利上げの有無に関し、大半のFOMC参加者がこのまま経済情勢が予想どおりに進展すれば「次回のFOMCで政策金利の正常化プロセスを開始する条件が整うと想定している」ことが判明した。

     10月のFOMCでは、リッチモンド連銀のラッカー総裁が0.25%の利上げを求めたが、事実上のゼロ金利政策の維持を賛成多数で決めた。8~9月の世界的な株式市場の混乱の行方を見極める必要があると判断した。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK19H02_Z11C15A1000000/?dg=1








    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサーリンク


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する