中年に・・・ズッコケ三人組シリーズが終わる。:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/09

1970年代生まれの世代には特に懐かしい、あの「ズッコケ三人組」の最新刊「ズッコケ熟年三人組」(那須正幹)が12月1日に発売され、ついにシリーズは終幕となるようです。

「ズッコケ三人組」は、1978年にポプラ社から発売された「それいけズッコケ三人組」に始まる児童向け文学で、イタズラ好きのハチベエ、ふとっちょのモーちゃん、頭脳明晰(めいせき)のハカセの小学生3人組がとっぴな事件やドタバタの冒険に巻き込まれる物語。シリーズ累計2500万部超を誇る国内児童文学最大のロングセラーで、テレビドラマやアニメにもなり、幅広い世代から愛されている作品です。懐かしくて涙が出てくるでしょ。ほら、ハンカチ。



 2004年発売の第50巻「ズッコケ三人組の卒業式」でシリーズはいったん終了しましたが、2005年に「ズッコケ中年三人組」となってカムバック。40歳を過ぎた三人組が中年ならではの問題にぶち当たりながら昔を思い出して乗り越えていくという展開で、年1冊のペースで続いてきました。

 そんな一連のシリーズの最新作となるのが「ズッコケ熟年三人組」。作者の那須正幹さんも73歳ということもあり、ひとまず完結の運びとなるそうです。50歳の大台を迎えた三人組がどんな活躍で有終の美を飾るのでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151113-00000059-it_nlab-ent










関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する