【難民認定】生きる権利を・・・シリア難民が認定される:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

  • 関連単語タグジャマール
  • ●申請1年、苦難の道「生きる権利を与えて」
     内戦が続くシリアから約400万人が世界各国に逃れている。日本では約60人が難民申請しているが、支援団体によると認定されたのは1家族3人だけだ。2年前に来日し、首都圏で暮らすこの家族の長男、ジャマールさん(23)が日本の新聞社としては初めて、毎日新聞の取材に応じた。祖国の現状を「大国の思惑が絡み合い、すぐに終息するとは思えない」と嘆き、「日本に逃れたシリア人に生きる権利を与えてほしい」と訴えた。

    ●【ことば】難民認定
    日本が1981年に加入した難民条約は、難民を「人種や宗教、政治的意見などを理由に迫害を受ける恐れがある人」と定義。日本では法相の判断で認定する。申請者には原則として日本の在留資格が与えられ、半年後に就労が許可されるが、認定までに数年を要することもある。認定後は政府の定住支援プログラムや家族の呼び寄せ、旅券代わりとなる難民旅行証明書の発行などの支援を受けられる。日本政府が昨年認定した難民は11人。審査件数に対する認定率は0.3%で先進国で最低水準。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、昨年の世界平均は27%だった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151019-00000023-mai-soci

    大学進学率 56%(2015年)
    ??「必死に働いて、難民支援をしよう。」








    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    スポンサーリンク


    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する