【ローズS】タッチングスピーチ&ルメール騎手が鮮やかにGⅡ制覇。ミッキークイーン出遅れも2着。:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

20日、阪神競馬場でローズS(3歳・牝・GII・芝1800m)が行われ、後方2番手でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の7番人気タッチングスピーチ(牝3、栗東・石坂正厩舎)が、直線で外から一気に脚を伸ばして各馬を差し切り、スタートで遅れ最後方からの競馬となるも直線で追い上げた1番人気のオークス馬ミッキークイーン(牝3、栗東・池江泰寿厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分45秒2(良)。

【勝ち馬プロフィール】
◆タッチングスピーチ(牝3)
騎手:C.ルメール
厩舎:栗東・石坂正
父:ディープインパクト
母:リッスン
母父:Sadler's Wells
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:6戦3勝(重賞1勝)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00000003-kiba-horse










関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する