【諦め】肝と肺がん、厳しい生存率 治療開始5年後・・・【生存戦略】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

国立がん研究センターは14日、2007年にがん診療連携拠点病院でがんと診断され、治療を始めた患者のデータをまとめ、5年後の生存率を公表した。乳がんは92・2%、大腸がんは72・1%、胃がんは71・2%と比較的高かったのに対して、肝臓がんは35・9%、肺がんは39・4%と厳しい状況が明らかになった。すべてのがんをまとめると64・3%だった。

 集計対象となった病院が2施設以上ある都道府県別の生存率も公表した。例えば全がんでは最も高い東京(74・4%)と最も低い沖縄(55・2%)では20ポイント近く差があるが、データが限られ、一概には比較できないとしている。
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015091401001611.html






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する