国道50号で生肉散乱してるぞww【ツイッターで話題の衝撃画像】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03




▼2015年8月26日

TIPS
国道50号(こくどう50ごう)は、群馬県前橋市から茨城県水戸市へ至る一般国道である。

沿線は北関東3県の人口密度が比較的高い地域となっており、また沿線に内陸工業地域が連なることもあって、常に一定の交通量がある。栃木県内では各種バイパスが整備され(「バイパス」の項目参照)立体交差が連続し、流れの良く快適に走行できる区間がある反面、群馬県や茨城県内に残る未整備の2車線区間は慢性的に流れが悪くなっている。
群馬県内ではこの道路に並行する形で北関東自動車道が整備され、群馬県内の2車線区間は渋滞は多少解消したが、栃木県内や茨城県内ではこの道路と北関東自動車道との並行区間が短く、また佐野田沼IC - 太田桐生IC間が2011年3月19日に開通し、これで全線開通となるため、トラックやバスなどの大型車や遠距離まで行く乗用車などはそちらを利用することが望まれているため、混雑は解消される模様である。国道50号は栃木県の県庁所在地・宇都宮市を経ずに茨城県の県庁所在地・水戸市と足利市や桐生市などの両毛地区、さらには群馬県の県庁所在地・前橋市を結ぶ最短距離ルートとなっている。
全線が指定区間に指定されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%81%9350%E5%8F%B7

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する