【今世紀最低】ドラマ、EXILE AKIRA主演のHEATがやばいww視聴率2.8%【EXILE終了?】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

EXILE・AKIRA主演のドラマ『HEAT』の第6話が11日放送され、平均視聴率が2.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回6.6%、第2回3.9%、第3回4.2%、第4回と第5回が3.4%と、スタートから低空飛行を続けていたが、ついに3%を割る事態に陥ってしまった。これは、21世紀以降、テレビ東京を除いたプライムタイム(午後7時~10時台)に放送された連続ドラマにおいて、最低の数字となる。

 『HEAT』は、AKIRA演じる「自分の利益が第一」のエリートビジネスマンが、用地買収のために地域の消防団に参加するというストーリー。初の消防団をテーマにしたドラマであること、また放送前から映画化が決まっていたことから、今クールの注目作といわれていたが、結果的に、低視聴率で話題を集めてしまった。

「これまで、今世紀最低記録だった13年放送の『夫のカノジョ』(TBS系)を0.2ポイント下回りました。わずか0.2%ですが、この数字は異常事態。そもそも『夫のカノジョ』の低視聴率は、裏で全話平均23.0%を記録した大ヒットドラマ『ドクターX 外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の第2期が放送されていた影響もあるのですが、『HEAT』の裏で放送されているドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)は、初回から最新の第6回までずっと1ケタ台。裏に高視聴率ドラマがないにもかかわらず2%台とは、『夫のカノジョ』より事態は深刻だと思います。ただただ純粋に、作品がつまらないということですからね」(芸能記者)

 2.8%という新記録に、ネット上は“お祭り”状態に。「ここまで低いと逆にすごい」「深夜ドラマの数字じゃん」「歴史に名を刻んだね!」「逆に見たくなってくる」などといった興奮気味のコメントがあふれ返っている。
http://www.cyzowoman.com/2015/08/post_16978.html











関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する