【子供】大失敗・・・次は頑張ろうねがNGな理由【人生リセットボタン】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

幼児教室に通い、積木やプリントを沢山こなして、
お受験の面接訓練も受けていたのに不合格。

でも、「私とこの子の今までの苦労はなんだったの」と嘆かないでください。
子どもと一緒に通った幼児教室で学んだ知恵、お作法はしっかり体験として身に付いています。

小学校でのテスト。
必死で勉強していたのに返ってきた点数は60点。
でも、結果は出なくても勉強したことによる学力は相当付いている筈です。

運動会の晴れ舞台。駆けっこの練習をずっとしてきました。予行練習では1等賞。ところが当日、転んでしまってビリ。

この様子を見て「ああ、折角あれだけ練習していたのに。努力が実らなく残念だったね。来年は転ばないように頑張ろうね」と言葉をかけるのは止めましょう。毎日、走る練習をしたことにより筋肉も発達し、相当な体力もついた筈です。

そして、ビリになる悔しい経験、挫折を味わうことにより精神的なタフさもついているはずです。小さな挫折を体験しないまま大きくなると弱い心、小さなつまずきで立ち直れない心が育ってしまいます。実際、人生初めての失敗が中学受験不合格で“自分には生きる価値がない、死にたい”なんて思ってしまうこともあるのです。幼いうちは結果が出なくて泣いたり大騒ぎする程度“自分は消えてしまいたい”なんて思う子どもはいません。

■「努力と結果」に固執しすぎないで

・努力すれば何とかなる
・結果が出ないのは努力が足りないからだ
・努力は必ず報われる

高い目標を立てて、思うような結果が出なかったときに自分を責めるのは止めましょう。
世の中の価値基準を元に思い込むと自分が苦しくなってしまします。

続き・詳しくは↓
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3405064&media_id=163

努力×才能×血統×環境








関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する