【流れ星】5月6日夜は、みずがめ座イータ流星群の観測チャンス!?:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/051234567891011121314151617181920212223242526272829302020/07

■5月6日深夜の天気は?

流星の出現がピークとなる6日の夜は、低気圧や前線の影響で雲が広がりやすく、西日本では流星観測が難しくなる予想。だが、関東や北日本では流星が見られるチャンスがある。北海道の一部では、流星観測に適した天候となる地域もありそう。

低気圧・前線の位置次第で、観測可能なエリアは変化する可能性がある。最新の情報については、ウェザーニューズの PC 向けサイト「みずがめ座イータ流星群2015」およびスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「星空Ch.」で確認されたい。

■「みずがめ座イータ流星群」とは?

「みずがめ座イータ流星群」の母天体は「ハレー彗星」で、南半球では1時間に50個程度の流星が出現する。流れるスピードが速く、青白い流星が多い。北半球では放射点が昇るのが午前2時頃と遅いが、昨年はウェザーニューズスタッフによって、日本でも3時間に合計25個の流星が確認されたという。

放射点は、みずがめ座の「三つ矢マーク」のすぐそば。午前2時頃から東の空に昇り、地平線から上に向かって流れる流星が見られる。
http://news.livedoor.com/article/detail/10082399/



半分ぐらいが見えない。北海道ワンチャンか。





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する