朝気分良く起きられない、夜寝れない状況が続くと病気?睡眠相後退症候群の疑い有り!?:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

睡眠相後退症候群:すいみんそうこうたいしょうこうぐん
朝弱いんですよね~な方、ずっと朝起きにくい、起きてもだるい方はこんな病気かもしれませんね。

いったん夜型の生活をすると通常の時刻に眠りにつくことができず、
望まれる時刻に起床することが困難になる病気
体内時計が崩壊しているとも。長い休日・連休明けに発症することも・・・(TOT

【チェック】
次の項目に当てはまる場合、睡眠相後退症候群が疑われます。
●十分な努力にもかかわらず、望ましい時刻に寝つくことが困難である
●起きる意志は強いのに、社会生活を送るために必要な時刻に起床できない
●自然に眠りにつくと、睡眠の質は良く、睡眠時間も十分である
●睡眠の時間帯が遅れた状態が、少なくとも1週間以上続いている

【症状】
日中の行動や心理状態と関わりなく、朝方まで入眠できませんが、いったん入眠すると比較的安定した睡眠が得られ、遅い時刻まで起きられません。
睡眠時間帯が遅れて固定してしまっているのです。
このために定刻に登校や出社ができず、社会生活上の問題となります。
患者さんの体内時計の状態を調べると、体温リズムやホルモンリズムが3~4時間遅れています。これが原因で睡眠時間帯が遅れてしまうのです。

10~20代に多く、夏休みなどの長い休暇や受験勉強などによる昼夜逆転の生活が発症の誘因となります。普通の人では、休暇後の何日かの間、朝なかなか目が覚めず、つらく感じることがありますが、数日のうちには早くに寝つけるようになり、必要とされる時刻に苦痛なく起きられるようになります。
ところが睡眠相後退症候群では、普通の人と異なり、遅れた生活を元にもどせません。

【相談を】
決められた時刻に起きることが難しくなる、また無理に起きても勉強や仕事をするのが困難に・・・
相応のお医者さんに相談するのをおススメします。

参考:http://medical.yahoo.co.jp/katei/040625000/?disid=040625000
参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/302287/
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する