【秘境】幻の山、ミャンマーのカカボラジが凄い。険しすぎる。:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

道のりの時点で険しすぎる画像がいっぱい・・・


アジア最後の秘境といわれるミャンマー、亜熱帯のジャングルの奧に氷の山が天を突いてそびえている。標高5881メートルのミャンマーの最高峰、カカボラジだ。一年中、雲に覆われ麓の山岳民族でさえ姿を見た人はほとんどいない。これまで登頂されたことは一度しかなく、いまだ謎に包まれた幻の山だ。

去年、ミャンマー政府からカカボラジ登山が許された。挑戦するのは倉岡裕之ら、日本のトップクライマー3人。麓をめざす一行の前に立ちふさがったのは深いジャングル。毒蛇や吸血ヒルに襲われながら240キロの道のりを4週間歩いてようやくベースキャンプにたどり着いた。

そこにはゴジラの背中のように切り立った岩と、頻繁に雪崩を起こす氷河に覆われた山がそびえていた。一足先に向かったミャンマー初の登山隊は遭難し2名が行方不明になった。
果たして史上初めて、山頂からの映像をカメラに収めることができるのか。灼熱のジャングルから氷の世界へ。世界でも例のない過酷なキャラバン。幻の山に挑んだ2か月間の冒険を記録した
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0411/

カカボラジ山は、ミャンマー北部のカチン州最北部に位置する標高5,881mの山。ミャンマーの最高峰で、東南アジアの最高峰でもある。1996年に日本の尾崎隆とミャンマーのニャマ・ギャルツェンが初登頂した。

山頂から、北と東は中国、西はインドの各国境まで約30㎞である。低地の熱帯から4,600m以上では氷河に覆われ、多様な自然環境を見ることができる。山頂はカカボラジ国立公園内にある。ヒマラヤ山脈の遠い支脈に位置する山である。
【ウィキペディア】



【カミニートデルレイ】恐怖の橋!スペインの世界一怖い遊歩道が14年ぶり開通
【観光】壮大な動画!ベトナム最大のソンドン洞窟が凄い
【龍ノ山】洞アナと雪の女王(!?) 喜多方で氷筍(ひょうじゅん)成長

▼ネットの声



















関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する