広島空港の飛行機事故、なぜか機長(パイロット)逃亡についてはテレビ報道されない模様。過去に目立った重大事故は無い。:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04


▼パイロットの話があまりテレビで報道されていない(というかテレビつけてるけど)聞かない
▼報道の内容は視界が悪い≒広島空港が悪いようなイメージになりつつある?
▼広島空港で重大事故はあまり発生していない。(1993年~
wikipedia:広島空港(ひろしまくうこう)は、広島県三原市本郷町にある国管理空港。
▼機長は確保情報もあるが詳細不明(明確なソース無し)

今後の展開はいかに・・・
【逃亡中】広島アシアナ機事故、事故機の機長は韓国籍で行方不明。
常昇魂!ブルボンプチポテト、広島カープとコラボし赤コンソメ味発売へ【中国・四国・九州地域期間限定】
【ラッスンゴレライ陰謀説(広島原爆・・・)】チョットマッテのお兄さんがエノラゲイ・・・(B-29機体)

アシアナ機事故、「人為的ミス」が有力なのに なぜパイロットの証言一切出てこないのか
■機長の総飛行時間は8233時間で「ベテラン級」
 事故を起こしたアシアナ航空のOZ162便(エアバスA320型機)2015年4月14日20時過ぎ、滑走路を外れて芝生の上で停止した。滑走路の325メートルほど手前にある着陸誘導用の無線設備のアンテナが多数破損した。通常、滑走路手前300メートルであれば高度は30メートル程度だが、アンテナの高さは6.4メートル。通常の4分の1程度の高度しかなかったことになる。加えて、事故当時は急激に視界が悪化したり気流が変化したりした可能性も指摘されており、手動で着陸する際に何らかの判断を誤った可能性がある。

 だが、肝心の機長や副操縦士に関する情報は、ほとんど発表されていない。韓国メディアによると、機長の総飛行時間は8233時間、副操縦士は1583時間。SBSテレビは機長について「ベテラン級」と報じている。アシアナ航空の山村明好・安全担当副社長は4月16日午後の会見で、事故当時は着陸できる程度の視界はあったものの、進入角度が正常ではなかったとの見方を示した。パイロットについては、事故当時は韓国人の機長が操縦しており、この機長は事故を起こした機種で800時間以上の操縦経験があったことを明かした。
広島空港への飛行経験も複数回あった。ただ、会社としての事情聴取はまだ実現しておらず、それ以上の詳細は分かっていない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000005-jct-soci



▼上記観点からのネットの声





























関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する