ロシアのトゥクタミシェワ選手、浅田真央以来となるトリプルアクセルを決める。 【世界選手権・中国上海・女子SP】:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

ロシアのトゥクタミシェワ選手が3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を決めた。


「フィギュアスケート・世界選手権・第2日、女子SP」(26日、上海)

女子ショートプログラム(SP)が行われ、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ(18)=ロシア=が、
トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めるなど会心の演技で、歴代3位となる77・62点で首位発進を決めた。

トゥクタミシェワは冒頭でトリプルアクセルに挑み、力強く着氷した。ジャンプはしっかりと認定。
1・57点の加点がつき、高得点の原動力となった。

国際大会でトリプルアクセルが認定されたのは、14年世界選手権女子SPの浅田真央以来で、史上6人目。
過去の成功者は、伊藤みどり、トーニャ・ハーディング(米国)、中野友加里、リュドミラ・ネリディナ(ロシア)、浅田真央の5人。


 日本女子は宮原知子(関大高)が67・02点で3位。村上佳菜子(中京大)が65・48点で4位、本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)が62・17点で5位につけ、3人とも14人で争われる28日のフリーに進出。上位2人の順位の合計が13以内ならば、来年の世界選手権の日本女子の出場枠数3をキープできる。
http://news.livedoor.com/article/detail/9935141/



これは凄い!

【四大陸選手権】宮原知子、女子SP1位キター!【フィギュアスケート結果】
【意味不明】フィギュアスケート羽生結弦、韓国内でゲイ疑惑?【ホモォ】







エリザヴェータ・セルゲーエヴナ・トゥクタムィシェワ(ロシア語: Елизавета Сергеевна Туктамышева, ラテン文字転写例:Elizaveta Sergeyevna Tuktamysheva, 1996年12月17日 - )は、
ロシアのフィギュアスケート選手(女子シングル)。愛称Liza(リーザ)。
2014年グランプリファイナル優勝。2015年欧州選手権優勝。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する