マークリッパート(Mark Lippert)駐韓米国大使とは?ツイッターアカウントは?:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

【韓国】ソウルで襲撃されたマーク・リッパート駐韓米国大使(42)は5日、
短文投稿サイトのツイッターで「元気です。支援に深く感動した」と書き込んだ。
早急に職場復帰して、米韓関係を推進することにも意欲を示した。
http://www.sankei.com/world/news/150305/wor1503050048-n1.html






ツイッターアカウントはこちら:https://twitter.com/mwlippert



▼オバマ大統領の側近だった。
朴大統領が若く大物ではないリッパート駐韓大使に大満足なワケ 2014.05.20
引用:http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140520/plt1405200830001-n1.htm
オバマ米政権は、マーク・リッパート国防長官首席補佐官(41)を次期駐韓大使に指名した。

日本では同氏があまりにも若いので驚きをもって迎えられたが、実は年初から「リッパート駐韓大使」説がささやかれていた。

リッパート氏は、その知見とキャリアで、オバマ第1期政権時代から日本にとって「頼もしい米政府高官」であった。

3年前の4月、リッパート氏が国家安全保障会議(NSC)次席大統領補佐官から国防次官補(アジア太平洋担当)に転出したときにも、筆者は本コラムに「日米同盟深化のカギ握る米国防次官補後任者とは」を書いた。

当時、何と38歳。米海軍特殊部隊(SEALs=シールズ)のインテリジェンス・オフィサー(海軍中尉)としてイラク駐在経験もある同氏は、オバマ大統領が上院議員時代の2005年に大統領選出馬を決断した当時からの側近である。



wikipedia:http://en.wikipedia.org/wiki/Mark_Lippert

Mark William Lippert (born February 28, 1973) is the current United States Ambassador to South Korea. Prior to his tour as Ambassador, Lippert had served as Chief of Staff for Secretary of Defense Chuck Hagel, Chief of Staff for the National Security Council, and Assistant Secretary of Defense for Asian and Pacific Security Affairs in the Department of Defense. On March 5, 2015 he was attacked by a man wielding a knife in South Korea.





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する