【女子プロレス】世Ⅳ虎(よしこ)戦で負傷した、安川悪斗は手術が必要。両目眼窩底も骨折疑い。:ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

スターダムのロッシー小川代表は23日、22日・後楽園ホール大会の世Ⅳ虎戦で鉄拳、掌底を受けて顔面を負傷して病院に搬送されたた安川悪斗が頬骨と鼻骨を骨折し、手術が必要であることを明らかにした。

両目眼窩(か)底も骨折している可能性があり、再検査するという。
安川はこの日、自身のブログで「ハートは折れちゃいない」と再起の意思を表明したが、長期離脱が確実になった。
http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/02/23/0007765273.shtml



●眼窩底(がんかてい)の骨折

顔面への強い打撃は、眼窩を形成する幾つかの骨のどれでも骨折させることがあります。ときに、眼球そのものが損傷を受けます。

吹き抜け骨折:ときに、打撃の力を眼の周りの強い骨ではなく眼球で受けてしまうような形で眼に打撃をこうむります(ゴルフボールのような小さな物体がぶつかった時など)。
この場合、眼球への圧力は眼窩の壁に伝わります。
この圧力は、眼窩の最も脆弱な部分、通常は眼球の下方に位置する壁(眼窩底)を骨折させることがあります。
これは吹き抜け骨折として知られています。骨折は眼窩の側壁および天井に生じることもあります。ときに眼球の一部または眼球に付着する筋肉が、骨折した骨を通して押し出され、はさまってしまいます。

吹き抜け骨折はときに、複視、眼球陥入、眼球の下方偏位、頬および上唇の触感の低下と痛み(眼窩の下にある神経に対する損傷による)または皮膚の下の組織内の空気の蓄積(皮下気腫)を引き起こします。
複視は、眼を動かす筋肉の一つが骨折内にはさまった場合に生じることがあります。
筋肉がはさまっているために眼の方向を、反対側の眼が見ている対象物に向けることができなくなります。
皮下気腫は、眼窩底骨折のために空気が鼻または副鼻腔から眼の周りの組織に入りこんで生じ、特に鼻をかんだ際に生じます。
引用ホームページ










関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する