2016年11月:(no.4700.4699.4698.4697.4696.4695.4694.4693.4692): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。
ありえるぷらねっとへようこそ!







このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
  • 関連単語タグ【売名の闇】
  • 飲み会に参加していた女性を集団で乱暴したとして、強姦(ごうかん)致傷容疑で千葉大医学部の学生が逮捕された事件で、作家の百田尚樹氏(60)がツイッターに行った投稿がきっかけで波紋を呼んでいる。

     百田氏は24日未明にツイッターに投稿した。

     内容は、「千葉大医学部の学生の『集団レイプ事件』の犯人たちの名前を、県警が公表せず」と前置きし、「犯人の学生たちは大物政治家の息子か、警察幹部の息子か、などと言われているが、私は在日外国人たちではないかという気がする。いずれにしても、凄腕の週刊誌記者たちなら、実名を暴くに違いないと思う」とツイートした。

     これに対し、かみついたのがジャーナリストの津田大介氏(43)。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-00000503-san-soci








    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    羽生ルマンド








    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    <ツイッターで話題の画像>オタクは学校に来るなよ!?ネット炎上!追いつめられた女子中学生。


    【学校・教育】スクールソーシャルワーカー全校配置へ、教員の国家免許化も?
    【キチガイ教育】ラグビーごときで命が消える指導死の怖さ。高校。教師の自己満足極まる。【ブラック部活】
    【夢への洗脳】ディズニーの子供向け映画は有害?社会の現実を正確に伝えていない・・・
    正論か炎上か?貧乏人はペットを飼うな!が話題【負の連鎖】
    【教育】ダンス必修化の余波?ダンスが出来ない→いじめられ女子高生自殺・・・【熊本】














    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事







    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
     23日、園田競馬場で行われた第18回兵庫ジュニアグランプリ(GII・2歳・ダ1400m・1着賞金2200万円)は、2番手でレースを進めた川原正一騎手騎乗の6番人気ローズジュレップ(牡2、北海道・田中淳司厩舎)が、直線で前を交わして抜け出し優勝した。勝ちタイムは1分29秒1(良)。

     2馬身差の2着は、4番人気ハングリーベン(牡2、美浦・武井亮厩舎)と7番人気バリスコア(牡2、北海道・田中淳司厩舎)の際どい争いとなったが、ハングリーベンに軍配が上がった。ハナ差でバリスコアが3着。なお、2番人気ゲキリン(牡2、栗東・吉村圭司厩舎)は4着、1番人気アズールムーン(牝2、美浦・斉藤誠厩舎)は5着、3番人気ネコワールド(牡2、美浦・堀井雅広厩舎)は6着に終わった。

     勝ったローズジュレップは、父ロージズインメイ、母タニノジュレップ、その父コロナドズクエストという血統で、これが重賞初制覇。鞍上の川原正一騎手は5月の兵庫CSに続く地元のダートグレード競走制覇となった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000001-kiba-horse











    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    「悪いのはいつもオレだ」。そんな文字を遺書に記して2012年の夏、17歳だった新潟県の高校3年生が自ら命を絶った。それからおよそ4年。自殺の原因を調べていた第三者委員会はこの7月、「生徒指導が最大の要因」と考えられる、との結論を導き出した。いわゆる「指導死」である。教師の指導がきっかけで追い詰められ、生徒が死を選ぶ。そんな事例は1952年以降、全国で87件に上るとの研究もある。指導死はなぜ起きるのか。最悪の事態を防ぐにはどうしたらいいのか。(Yahoo!ニュース編集部)
    http://news.yahoo.co.jp/feature/344

    新潟の高3自殺 父は「自責の念」
    「こういった形で子どもを亡くした親で、自責の念のない親はいないと思います」
    高校生の父、町山剛さん(仮名)は自宅の座敷でそう語り始めた。新潟県の県立高校に通う宏君(仮名)を亡くしてから、既に夏は4回通り過ぎた。
    「いろいろ考えますよ。ああすればよかった、こうすればよかった、って。たぶん何か一つ歯車が違っても、結果は違ったんだと思います」
    ラグビーに熱中した日々が…
    目標を定めたら真っ直ぐに進む性格だったという。高校で始めたラグビー部が楽しく、自分から居残って練習することもあった。ラグビーをやるために学校へ通っているような日々。同時に「将来は数学の教師に」という目標も定め、志望大学を決めて勉強にも励んでいた。

    ラグビーに打ち込んだ宏君の日々。ジャージの背番号は「15」(撮影:鬼頭志帆)
    だから、学校でのトラブル以外に自死の理由は考えられなかった、と父は言う。息子の部屋には、それを思わせる遺書もあった。
    ルーズリーフに「悪いのはいつもオレ」
    家族宛てのほか、ルーズリーフに計6通。そのうち、「悪いのはいつもオレだ 誰が正しくて誰が間違っていても関係ない」という書き出しで始まる遺書には宛名がなかった。いったい、何があったのか。

    自室の机に置かれていた宏君の遺書。世界保健機構(WHO)のガイドラインは、自殺予防の観点から「遺書を公開すべきでない」との見解を示している。しかし、この遺書は事案を正確に伝える必要があるといった編集判断で掲載した(撮影:鬼頭志帆)
    宏君の遺族の求めで立ち上がった第三者調査委員会がこの7月に発表した報告書によると、宏君は熱心に部活に取り組み、リーダー的な存在だった。そんな日々が続いていた時、宏君らはまとまりのない活動への不満をSNSに書き込んだ。それをきっかけに、ある生徒が部活を休んでしまう。
    宏君ら3人は顧問の男性教員に呼び出された。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000003-kobenext-l28





    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    2016/11/23 中間踊り場






    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    千葉大医学部生の集団暴行事件で、千葉県警は発生日時、逮捕者の名前、逮捕容疑など事件にかかわる情報を一切発表しておらず、概要を問う報道各社の取材にも回答を拒んでいる。メディア各社は独自の取材結果を報じているが県警の姿勢は意図的に事件の表面化を避けていると疑われかねない極めて異例なものだ。

     県警捜査1課は、非公表の理由について(1)被害者の特定につながる可能性があり、嫌がらせなどが懸念される(2)共犯関係などの捜査に支障が生じる-としており、今後も報道発表の予定はないという。

     事案の非公表により、身柄の拘束という公権力の行使が正当だったか、といった外部の検証ができなくなる。被害者や犯行態様などについて誤った情報が流布される恐れも生じる。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00000085-san-soci





    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事