2015年09月16日:(no.3352.3351): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。
ありえるぷらねっとへようこそ!
これは単なる多数決主義であって 民主主義ではありません。
多数決主義がトレンド入り 2015/9/16














このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
  • 関連単語タグ反対 賛成
  •  安全保障関連法案を審議する参院特別委員会の鴻池祥肇(よしただ)委員長は15日、これまでの審議を締めくくる首相出席の総括質疑を16日に行うことを決めた。自民、公明両党は17日の参院本会議での採決をめざすが、反発する野党は内閣不信任決議案などの提出で抵抗する考えだ。与党は決議案をすべて否決したうえで、遅くとも週内に成立させる方針。一方、中央公聴会が15日開かれ、識者らが賛否の立場から意見を述べた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00000010-asahi-pol

    ●怒号交錯、開会ずれ込む
    「国民の声を聞け」。
     参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の締めくくり質疑やその後見込まれる採決を前に、国会議事堂の参院内には16日夜、委員会の開会を阻止しようとする多くの野党議員が集結した。与野党議員が怒号を上げて言い争うなど混乱し、開会は当初予定された午後6時から大幅にずれ込んだ。
     特別委の議事進行について決める理事会は午後6時20分すぎに、予定より30分遅れで始まった。理事会室前には鉢巻き姿の野党の女性議員ら数十人が陣取り、報道陣や与党議員らも交ざって満員電車のような状態に。鴻池祥肇委員長はもみくちゃにされながら入室した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00000187-jij-pol























    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事