12分(no.4330): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ありえるぷらねっとへようこそ!
2016/8/15
※なおオリンピックでは時間に制限はありませんでした。

【日本の部活】錦織圭の父が危惧、日本の青少年スポーツは個性を大事に育ててくれるように思えなかった。

◇リオデジャネイロ五輪テニス・男子シングルス3位決定戦 錦織圭 6―2、6―7、6―3 ラファエル・ナダル(2016年8月14日 五輪テニスセンター)

 日本勢96年ぶりとなるメダルを獲得した錦織圭(26=日清食品)が表彰式後に報道陣に対応し、「重かった。重量的にも重いし、受け取った時にいろんな思いが駆け巡った」と振り返った。

 達成感がある一方で、もちろん悔しさもある。「隣にいるアンディ(マリー)がすごく高いところにいるという印象もあった」と金メダルとの差も痛感した。マリー(英国)とデルポトロ(アルゼンチン)のと4時間を超える決勝は一部見ることができ、「凄まじかった。テニスをあまり見入ることはない。あれだけのハイレベルなテニスをされると楽しいけど困っちゃいます」と話した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00000098-spnannex-spo
















このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事