黒板(no.2038): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

ありえるぷらねっとへようこそ!
教室でたくさんの人が手にした「羽衣(はごろも)チョーク」が姿を消す。

メーカーの羽衣文具(愛知県春日井市)が今月、廃業したためだ。

滑らかな書き味の看板商品は他社に引き継がれるが、「羽衣ブランド」を惜しむ声が上がる。

学校などからの指名買いが多かったのが「フルタッチ」。原料は炭酸カルシウム(石灰石)で、1969年の発売から改良を重ねた書き味は滑らかで静か。粉が飛びにくく消しやすい。表面が被膜加工で手につきにくい。圧縮成型で折れにくく、減りにくい……。

 「今でしょ」の東進ハイスクール講師の林修さんも愛用者の一人。

 「フルタッチに出会ったとき、『これだ!』と快哉(かいさい)を叫んだ」といい、取材に対し、羽衣文具の廃業を惜しみ、感謝するメッセージも寄せた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00000029-asahi-soci


昨年10月に廃業のご案内をいたしましたところ、皆様から大きな反響があり、多数のネット書き込み、メールやお手紙で廃業を惜しむ声や慰労の声をいただきました。大変ありがとうございました。

受注が殺到し、やむなく受注停止をいたしました。生産終了を1ヶ月遅らせ3月20日に生産を終了いたしました。平成27年3月末日をもちまして販売を終了いたすこととなりました。

 当初製品「フルタッチ」は株式会社馬印様へ技術移転いたし別名で販売されますので弊社同様ご愛顧いただきますようお願い申し上げます。
 なお、会社はしばらく存続いたします。4月30日以後のご連絡先は下記のとおりです。
 大変ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたしますとともに、80年あまりの長きにわたりご愛顧賜りましたことを厚く御礼申し上げます。
 末筆となりましたが、皆様方のご健勝とご発展を心よりお祈りいたします。

http://www.hagoromo-bungu.co.jp/
(歴史を感じるホームページだ・・・)







このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事