渋滞(no.2522.2435.1811): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ありえるぷらねっとへようこそ!
2015/5/3 22時35分現在
juutaikoutuu0503.jpg

▼交通情報・渋滞情報はこちらから
http://ihighway.jp/web/map/map06.html

▼神戸淡路鳴門道
・東浦IC付近 20km 
(上り北行)
・垂水JCT・IC付近 13km 
(上り北行)








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
垂水PA~西宮

詳細↓
http://www.w-nexco.co.jp/traffic_info/guide/

55juutaaaai.jpg


ピーク予想は5月5日か。密集しそうではある。
最大50kmの表示も・・・避けましょうw
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ebinaj.jpg


海老名ジャンクション辺りの渋滞情報
http://ihighway.jp/web/map/map04.html



2015年3月8日(日)に圏央道の海老名JCT~寒川北間が開通し、圏央道が藤沢までつながりました。さらに2020年度中には横浜横須賀道路の釜利谷JCTまで完成する予定で、そうなれば東名・新東名の交通が容量に余裕のある首都高湾岸線南端へ直結され、首都圏の高速道路ネットワークは一気に充実することになります。

 ですが、喜んでばかりはいられません。その圏央道と東名とが接続する海老名JCTがとんでもない欠陥設計で、すでに恒常的に渋滞が発生しているからです。

 圏央道の海老名JCT以南は現状、藤沢が終点なので交通量はわずか。多くのクルマは東名の上下線と圏央道の北側とを行き来していますが、そこで連日、ひどい渋滞が起きています。パターンは以下の2つです。

(A)午前中/圏央道内回り(南行き)から東名方向への渋滞
(B)午後/東名上りから圏央道外回り(北行き)方向への渋滞

 その原因は、海老名JCT内の連絡路が一部1車線しかないこと、そして(B)側の合流部があまりにも短く、強い減速波が発生することにあります。

 まず「(A)午前中/圏央道内回りから東名方向への渋滞」について解説しましょう。圏央道内回りを走行してくるクルマは現状、約8割が東名の上下線へと向かいます。つまり大部分のクルマがJCTの連絡路へ入るわけですが、この連絡路が1車線しかないため、追越車線を走行してきたクルマが左へ一斉に割り込み、流れが滞っています。

 仮に連絡路が東名上り・下り方面へそれぞれ1車線づつ、計2車線確保されていれば流れははるかにスムーズで、混雑は大幅に緩和されていたでしょう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150315-00010000-norimono-l14



文章読んだだけで詰まるのが分かる。

▼ネットの声













このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事