死亡(no.4350.3746.1628.1468): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/051234567891011121314151617181920212223242526272829302020/07

ありえるぷらねっとへようこそ!
  • 関連単語タグ死亡
  •  18日、愛媛県で、小学5年の女子児童が野外活動中にフランクフルトを喉に詰まらせ、死亡していたことが分かった。

     死亡したのは、愛媛県四国中央市の小学校に通う小学5年の女子児童。市教委によると女子児童は、18日、学校の野外活動で訪れた少年自然の家で、昼食のメニューにあったフランクフルトを食べていたところ、喉に詰まらせた。

     隣に座っていた教諭が背中をたたくなどし、約12分後に到着した救急隊員が詰まらせた異物を取り除いたが、すでに心臓停止の状態で、18日夜、死亡が確認された。
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160819-00000072-nnn-soci









    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    フジテレビ系の恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していたアーティストの今井洋介さんが11月23日、心筋梗塞のため死亡したと、所属事務所が発表した。31歳だった。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000016-it_nlab-ent

    テラスハウスホームページ:新シリーズ
    http://www.fujitv.co.jp/terrace-house/index.html











    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    1994年の桜花賞優勝馬オグリローマン(牝24)が3日に病気のため死んでいたことが分かった。

    同馬は国民的アイドルホースだったオグリキャップの半妹。
    ジャパン・スタッドブック・インターナショナルの引退名馬繋養展示事業の助成対象馬として
    北海道新ひだか町の稲葉牧場で余生を送っていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000037-tospoweb-horse



    ▼第54回桜花賞

    1着:オグリローマン
    2着:ツィンクルブライド
    3着:ローブモンタント
    4着:メローフルーツ
    5着:グッドラックスター



    訃報が続きますね・・・(;-;)
    【競馬】天皇賞春を制したスズカマンボが急死(牡14)。死因は心不全。また、アジュディケーティングも老衰で死亡。










    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    突然発症して急激に手足の壊死(えし)などが進み、
    時に人の命を奪う「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の患者報告数が近年、増加傾向にある。
    国立感染症研究所によると、昨年は1999年の調査開始以降最も多い273人に達した。
    今年も2月15日までで68人に上る。

    主な原因菌の「A群溶血性レンサ球菌」は特別な細菌ではない。
    へんとう炎やとびひ、皮膚炎などを起こすが、通常は抗菌薬で治療できる。症状がないまま、のどなどに保菌している子どももいる。

     しかし傷口などから細菌が体に入ると、まれに劇症化することがある。初期症状は手足の痛みや腫れ、発熱などだが、病気の進行は極めて速い。細菌が急激に増殖し、通常は細菌のいない筋肉や筋膜を壊死させたり、血流に乗って全身に回って多臓器不全などを引き起こしたりする。
    発症して数十時間以内にショック状態で死亡することもあり、死亡率は30~50%に達する。

     厄介なのは、抗菌薬の効果が菌の増殖スピードに追いつかない場合もあることだ。東京女子医大の菊池賢教授(感染症学)によると、「足が痛い」と訴えて来院した患者を診察した際、壊死して皮膚が紫色に変色した部分が見る間に広がっていった例もあった。菊池教授は「体内で免疫機構が全く機能せず、細菌が自由に増殖していくのを見ているようだった。どんどん壊死が広がる場合は切断して止めるしかない」と話す。

     なぜ劇症化するかは解明されていない。国立国際医療研究センターの秋山徹・病原微生物学研究室長によると、A群の中でも、ある特定の遺伝子を持った型が劇症化を起こす場合が圧倒的に多いことが分かっている。通常、体内に入った病原体は免疫細胞によって排除されるが、この型の菌は特別な物質を産生して免疫細胞を攻撃している可能性が考えられるという。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150225-00000018-mai-soci



    予防法は:うがい・手洗い、マスクの着用など、風邪の予防と同じような対策が有効とのこと。

    怖いですな。。









    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事