東亜建設工業(no.3994): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

ありえるぷらねっとへようこそ!
  • 関連単語タグ東亜建設工業
  • 今年3月に完了した羽田空港の滑走路の改良工事で、施工不良があった上、業者が工事のデータを改ざんしていたことがわかりました。

     施工不良が発覚したのは、東京・新宿区のゼネコン東亜建設工業が請け負った羽田空港・C滑走路の工事です。

     東亜建設工業によりますと、今年3月まで、液状化を防ぐため地盤改良工事が行われましたが、滑走路に鉄の管を通す工程で、地下の障害物などが原因で管を決められた深さまで到達させることができず、地盤の改良が終わっていませんでした。しかし、国土交通省への報告では、設計通りに工事が進んでいるようにみせかけるため、穴を掘った深さなどのデータを改ざんしていたということです。

     不正には常務執行役員の男性が関わっていることを認めていて、「工事の方法は東亜が開発したので、失敗は許されないと考えていた」と話しています。
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160506-00000036-jnn-soci











    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事