日本流教育(no.4118): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

ありえるぷらねっとへようこそ!
石川県の小学2年男児(7)が2016年5月23日に金沢市内の山道で置き去りにされ、一時行方不明になっていたことが分かった。

5月28日に北海道で起きた男児置き去り「事件」と経緯が良く似ていることから、ネットでは「最近流行っているのか?」「実は統計とるとすごい数字が出てくるんじゃ」という声が寄せられている。

「実は統計とるとすごい数字が出てくるんじゃ...」
新聞各紙などによると、23日午後6時15分ごろ母親が男児を車に乗せ金沢市額谷町の山に行き、山道で置き去りにしたという。母親は数分後に男児を降ろした場所に戻ったが見当たらず、警察に連絡した。警察や消防が付近を捜索し、約3時間後に降ろした地点から数百メートルほど離れた山林で発見した。男児にけがはなかった。母親は置き去りにした理由を「宿題をしなかったので、しつけのため車から降ろした」などと話しているという。警察は男児の両親に口頭で厳重注意し、心理的虐待を加えた疑いがあるとして児童相談所に通告した。

J-CASTが「置き去り」の詳細について石川県警に問い合わせると、

「今回の報道については正式に発表したものではないので、お答えできない」
とのことだった。

金沢の一件は、北海道で起きた男児置き去り事件と経緯が似ており、男児が7歳であったという点も同じだ。こうしたこともあってネットでは、

「最近山に置き去りが流行りか?」
「やっぱ各地でこんなのが日常化してるんだな」
「社会現象」
といった反応が相次いだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/11606231/
















このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事