新潟日報(no.3728): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

ありえるぷらねっとへようこそ!
ツイッター上で新潟県内の弁護士に誹謗中傷する投稿を繰り返していた人物が、地元有力紙「新潟日報」の現役社員であることが分かった。

 この社員は相手の名前を呼びに捨てにして「弁護士の仕事やめろ」などと暴言を繰り返したほか、一般ユーザーにも「死ね」といった言葉を何度も書き込んでいた。

■「あなたは、Twitterにはまって人生をしくじる」と挑発も

 誹謗中傷を受けたのは、新潟水俣病訴訟で原告の弁護団長を務める高島章氏。2015年11月20日夜、「壇宿六(闇のキャンディ-ズ)」と名乗るアカウントから突然、「高島、うぜーよ!ヘサヨ!」(原文ママ)という投稿が寄せられた。

 壇宿六はさらに

  「弁護士やめればいいのに。FXで儲けてるらしいから」
  「こんな弁護士が新潟水俣病三次訴訟の主力ってほんとかよ...。テさ呆れるやら、患者さんがかわいそうやら...」(原文ママ)

などと侮辱する内容を繰り返した。「あなたは、Twitterにはまって人生をしくじる。悪いこといわないからやめなさい」と挑発する投稿もあった。

 高島弁護士はJ-CASTニュースの取材に、暴言が寄せられるようになった直接のきっかけは分からないとした上で、「ツイッター上に『はすみリスト』に批判的な内容の投稿をしたからではないか」と説明した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000003-jct-soci











このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事