就職率(no.4055): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

ありえるぷらねっとへようこそ!
文部科学、厚生労働両省は20日、今春卒業した大学生の就職率(4月1日現在。1年以上の非正規雇用含む)が前年同期を0.6ポイント上回る97.3%で5年連続上昇し、1996年度の調査開始以来、過去最高になったと発表した。高校生の就職率(3月末現在)も前年同期比0.2ポイント増の97.7%で、6年連続増となった。高校生の調査は76年度から実施しているが、バブル経済末期の91年(97.9%)以来の高水準。両省は「景気回復で企業の採用意欲が高まっている」と分析している。

 大学生の調査は、全国の国公私立大のうち地域バランスなどを考慮して62校(約4700人)を抽出し実施した。全国の大卒者数から推計すると、41万5200人が就職を希望し、40万4300人が就職した計算になる。ただ、約1万人が就職できておらず、両省は6月までを集中支援期間として情報提供などを進める。

 男女別の就職率は男子96.7%、女子98.0%で、4年連続で女子が上回った。文系、理系別は、文系97.1%、理系98.2%。

 地域別で最も高かったのは中部で98.3%。関東が97.9%で続き、北海道・東北と近畿が共に96.8%、中国・四国96.7%、九州96.3%--の順。近畿と中国・四国が前年に比べて微減だったが、ほかの地域はいずれも微増だった。

 高校生は今春の卒業者約106万人全員を対象に調査した。男子98.3%、女子96.8%だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160520-00000022-mai-soci

・ベースが就職希望者のみ(ニートとか公務員志望とか進学とかは分母から除外)
・約780程ある大学から(選ばれた)62校を抽出して計算している
・しかし指標としてはそこそこ使える
・非正規の割合は不明











このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事