定義(no.3915.3485): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2020/0112345678910111213141516171819202122232425262728292020/03

ありえるぷらねっとへようこそ!
高校授業料無償化が始まった2010年度から5年間に、経済的理由で高校中退を余儀なくされた生徒が全国で5385人、九州で少なくとも754人に上ることが、西日本新聞のまとめで分かった。経済的理由による長期欠席者(年間30日以上)も14年度だけで、全国で2044人、九州で少なくとも約100人。経済苦で学びたくても学べない子が多数おり、授業料免除や現行の奨学給付金制度では、親の所得格差が子の教育格差を生む「貧困の連鎖」を断ち切れていないことが浮き彫りになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00010017-nishinp-soci

・行く意味あるの?
・産む意味あるの?
・バイトしろ
・経済が悪い
・美談にするな

など
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
●山P&石原さとみ共演の月9『5→9』は若い視聴者向け?

10月12日スタートのフジテレビ系ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(毎週月曜夜9時)。ゼネラルプロデューサー・後藤博幸さんは、尾野真千子主演の月9ドラマ『極悪がんぼ』(2014年)を手掛けた。このドラマは、借金を背負った主人公が裏社会で奮闘していく物語を描き、放送当時は、異色の月9と騒がれた。

 それ以降、月9は時代モノ『信長協奏曲』、ホームドラマ『ようこそ、わが家へ』など、恋愛とは一線を画したドラマが続々と放送された。

 その流れをつくったひとりである後藤さんが今回手掛けるのは、石原さとみと山下智久の王道すぎるラブストーリーだ。

「『極悪がんぼ』は“月9を壊そう”がキャッチコピーでした。でも、やはりみんなが月9に求めているのは若い人たち向けの恋愛ドラマだと思ったんです。『恋仲』のように、みんなやっぱり月9を見てキュンキュンしたいと思うんですよ」
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20151012/Postseven_356211.html












このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事