奴隷(no.5095.4801.4767.4759.4684.4497.4342.4211.4090): ありえるぷらねっと
気の向くままにテレビ・ニュース・競馬・人気の話題などをちょこっと書いてるブログです。

2019/051234567891011121314151617181920212223242526272829302019/07

ありえるぷらねっとへようこそ!

富島は、前身校が1916年に創設されて以来、初の甲子園。浜田登監督は「100年分の思いを込めていく。一つ勝って、同じ公立高校の選手に勇気と力を与えたい」と意気込む。

 浜田監督は2008年、県立の宮崎商を率いて夏の選手権大会に出場した。しかし、「古豪宮商だから」と、実績が十分に評価されないことへの反発から、13年、部員5人でスタートした富島での指導には強い思いがあった。「4年で甲子園に行きます」。新任あいさつで誓った。

 「心があって初めて技術がつく」という理念のもと、選手に派手なガッツポーズは許さず、遠征費を稼ぐためにアルバイトさせた。建設関連会社で働いた中川大輝主将(2年)は「日頃の精神面の指導が、集中力を高めてくれる」。昨秋の県大会では何度も劣勢を跳ね返し準優勝。「逆転の富島」と呼ばれた。九州大会も決勝まで進んだ。

 東筑では午後3時45分ごろ、中島良博校長がグラウンドで練習している野球部員らに出場決定を伝えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000010-asahi-spo











このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
★トランプ大統領“誕生”まで9時間











このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
違法な残業をさせていたとして、三菱電機が書類送検されました。

 2013年に大手電機メーカーの三菱電機に入社した31歳の男性は、その後、長時間労働によりうつ病になったとして労災認定されました。神奈川労働局が男性の勤務実態などを調べたところ、1カ月に78時間を超える違法な残業をさせられていた疑いが強まり、法人としての三菱電機と当時の上司を書類送検しました。男性は「会社の体質を見直して真摯に認めてほしい」とコメントしています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170111-00000026-ann-soci








このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 関連単語タグ奴隷 加速
  • 睡眠6時間未満、最多4割 長時間労働


    厚生労働省が20歳以上の日本人の1日の平均睡眠時間を調べた結果、6時間未満と短い人が39・5%に上ることが、14日に発表された2015年の国民健康・栄養調査で分かった。03年の調査開始以来、最も高い割合。睡眠確保のため必要なものとして、男性は「就労時間の短縮」、女性は「育児や家事のサポート」という人が多く、長時間労働の削減が急務となっている。
    http://mainichi.jp/articles/20161115/dde/041/100/052000c


    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    運送大手「ヤマト運輸」の横浜市にある支店が、残業代未払いなどを理由に、横浜北労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが分かった。神奈川労連が11月16日、東京・霞が関の厚労省記者クラブで発表した。是正勧告は8月25日付。

    労連によると勧告内容は、(1)休憩時間が法定通り取得できていないこと(労働基準法34条違反)、(2)時間外労働に対する賃金が支払われていないこと(同37条違反)。

    30代の元セールスドライバー2人が労連に相談し、労基署に実態を申告していた。労連によると、荷物の取扱量が増え、2人は昼食時間をほとんど取れていなかった。また、タイムカードがあるにもかかわらず、配達時間を管理する携帯端末の稼働時間で労働時間が計算されていた。結果として、始業前の業務や、配達終了後に行なった翌日への引き継ぎ作業などの大部分が、労働時間としてカウントされていなかったという。

    このうち1人は、辞めるまでの2年間でタイムカードと、端末上の労働時間で約600時間の差があった。また、2人ともタイムカード上で計算すると、残業時間が36協定で定めた時間を超えていた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161116-00005357-bengocom-soci

    昨年8月に死亡したヤマト運輸の営業担当の男性(当時47)について、
    船橋労働基準監督署(千葉県船橋市)が、
    長時間労働による過労が原因として労災認定したことが21日、分かった。

    遺族側の弁護士が明らかにした。認定は13日付。

      弁護士や労基署の認定によると、男性は昨年4月、
    同社の船橋主管支店(同市)に配属され、
    管轄する営業所全体の営業責任者となった。
    くも膜下出血で死亡する直前の3カ月間は、
    時間外労働が1カ月で86~110時間に及んでいたという。

      ヤマト運輸は「事実関係を確認中でコメントできない」としている。
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2104P_R20C12A9CR8000/

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    東京都は14日、働き方改革の一環として、10月中旬から全職員を夜8時までに退庁させる取り組みを始めると発表した。

     小池百合子知事は庁内放送で「夜8時には完全退庁。このことを都庁の新しいルールにしたい」と述べ、「残業ゼロ」に向けた意識改革を職員に呼び掛けた。

     都によると、職員1人当たりの平均残業時間(2015年度)は月23.5時間。超過勤務縮減へ「定時退庁日」を設けたりしたが、成果は乏しいという。

     このため、10月中旬からは、原則として事前申請がない限り、全職員が遅くとも夜8時までに退庁するようにする。退庁時間を知らせる放送や一斉消灯を実施。夜8時以降に退庁する職員は、庁舎出口で所属や氏名のチェックを受ける。

     「残業削減マラソン」と位置付け、各局が残業を減らす目標を立てて超勤縮減を競い合う取り組みも開始。前年度からの縮減率が上位の部署を公表する。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000146-jij-pol








    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    第98回全国高校野球選手権大会で準々決勝戦を制し、2016年8月18日に4強に名を連ねた秀岳館高校(熊本代表、八代市)。

     応援に駆けつけた同校吹奏楽部は、大会の日程と重なった吹奏楽コンテストの出場をあきらめ、甲子園応援を「取った」。しかし、ネット上では、その決定を「美談」として報じることへの批判が噴出。教員が生徒に「(応援に行くよう)圧力をかけた」という真偽不明の主張も飛び出し、大きな議論となっている。なぜ吹奏楽部は甲子園応援を選んだのか。吹奏楽部顧問に聞いた。

    秀岳館高校吹奏楽部は16年8月11日に予定されていた吹奏楽コンテストの南九州大会出場をあきらめ、甲子園までやってきた。

     同校野球部の甲子園行きが決まったのは、コンテストの県予選を1週間後に控えた7月26日。静岡代表・常葉菊川高との初戦が8月12日にセッティングされ、吹奏楽部はコンテスト出場か甲子園応援か、どちらかを選ばなければならなくなった。難しい判断の中、吹奏楽部員は甲子園行きを選んだ。8月1日の県予選には、南九州大会への出場に出ないということを伝えて出場し、「金賞」を獲得していた。

     こうした吹奏楽部の決断は17日公開の西日本新聞電子版に「美談」として報じられ、ネット上で話題に。しかし、記事中に「『コンテストに出たい』と涙を流す部員もいた」といった一文があったためか、ツイッターを中心に

      「美談風に記事にされているのに強い恐怖」
      「なぜ美談?」
      「酷い話なんじゃないの?」
      「吹奏楽部の子たち可哀想」

    と学校側への批判が寄せられた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000010-jct-soci














    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    報道番組で紹介された、あるユニークな新人社員研修が、ネット上で物議を醸している。それは叱られ慣れていない新入社員に「好ましい叱られ方」をレクチャーする、といったもの。
    番組では「遅刻した」という設定の新入社員が、上司役の受講者から「何時だと思っているの」などと厳しく問い詰められる場面が放送された。これに、視聴者から「叱られるに上手もくそもない」「上司に叱り方を教えた方がいい」といった違和感を示す声が相次いだ。やはり叱られ慣れしていない人が多い反映なのか。

    聴者はネット上で口々に異論を唱えた。ツイッターに

    「叱られるに上手もくそもねぇだろ」

    「叱られた意味を分かる頭がなければ、なんの意味もない」

    といった批判、「(上司に)むしろ叱り方を教えた方がいい」という提案が相次いでいる。
    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0708/jc_160708_7902643564.html








    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
  • 関連単語タグ負け組 奴隷
  • ●中年男性の7割が「人生つまらない」…「普通の人生」に潰され、家族のためにひたすら働く

    生きる意味とは何か。先の見えない若者にとって、悩ましい問題に違いない。しかし、実は、先が見えてしまった中高年男性にとってこそ、切実なテーマだといえる。

     35~49歳の中年男性300人を対象にした調査では、普段の生活で「つまらない」と感じる頻度が「増えている」「どちらかといえば増えている」という回答が72%にも達している【※1】。

     大切な自分の人生なのに、この結果はあまりにも寂しい。目をそらしたところで事態はよくならないのだから、一度立ち止まって、人生について真剣に考える必要がある。

    「普通」の男性は、学校を卒業したらすぐに正社員として就職し、1日8時間、週40時間は「最低限」で、それ以上が「当たり前」という働き方を40年間にわたって続けていく。

     こんな「普通の人生」はまっぴらごめんだと言ったところで、結婚して家族を持てば「一家の大黒柱」として期待されるため、生活費、教育費、さらには家のローンが重くのしかかり、今さら道を外れることは不可能だ。

     自由になるお金も時間もない。ただひたすらに働き続けて、「こんな毎日に、いったいなんの意味があるのか」と嘆きたくなるのも当然だろう。多くの中高年男性が抱える漠然とした不安の裏側には、「卒業→就職→結婚→定年」という「たった一本の道を、ひたすら歩み続けるしかない」という明確な原因が存在している。

    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160530/Bizjournal_mixi201605_post-6694.html

    先進国?なのに負け組7割って・・・








    このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事